ガレリア表参道
galleria blog
ガレリア表参道
催事のご案内貸ギャラリー常設展示作品ギャラリー概要リンク
催事のご案内 - 開催中の催事と今後のスケジュール
過去の催事はこちら
 

第26回
きもの通のキモノ・リサイクル展
〜いつかは着物で暮らしたい〜

会期/2018年11月17日(土)〜11月27日(火)
10:00a.m.〜6:00p.m.
(日曜・最終日は5時終了)
※定休日11/21(水)

着物 訪問着、付け下げ、小紋、紬、単衣、夏物、男物
袋帯、名古屋帯、八寸帯
羽織・コート
和装小物 帯揚げ、帯締、半衿、バッグ、草履 他

キモノライフを楽しんでいる方も、これから挑戦する方にも、是非ご覧いただきたいのです。今回もたくさんの箪笥に眠っていたキモノや帯が集まります。お気 軽にぜひ一度お出かけください。キモノの仕立て直しなどのご相談もお受けできる範囲で承りますので、どうぞお申し出ください。
DM
 


現代 ガラス・アート 33人展

会期/2018年11月2日(金)〜11月11日(日)
10:00a.m.〜6:00p.m.  (11月2日は正午12時からオープン)
日曜・祝日および最終日は4時終了
※定休日11/7(水)

 ガラス工芸は、その長い歴史の過程で何回かの革命的な技術の発展がありました。例えば、コアガラス、宙吹き、透明ガラスの発明など。
 今回、この展覧会でフォーカスした「酸素バーナーワーク」技法は、過去の革命的な発展に匹敵するほどの内容を含んでいるものと考えます。参加作家のうち 約25名はバーナーワーク(パイレックス)で作品を制作しています。また、宙吹き、ステンドグラス、キルンワークなど多岐にわたり、ガラス工芸の技法には とらわれない様々な新しい表現の作品が一覧できます。
 いろいろな出会いで、ここ長野善光寺門前で開催できることにも新たな意義を感じます。この分野は、日本のガラス工芸の中でも、まだ少数派ですが、その発 展のスピードと広がりはめざましいものがあります。今までの企画展にはない、新しい“切り口”で集まったさまざまなガラス作品に出会えることと思います。
 一人ひとりの技法への挑戦と美意識を込めた作品をお楽しみください。

「ガラス工房まつぼっくり」代表
松村 潔
【出品作家】 ※五十音順
阿部 優生子(静岡県)
寺島 美弥(長野県)
池田 ひろ子(東京都)
直川 新也(大阪府)
稲葉 真奈美(東京都)
長岡 瑛里(東京都)
岡本 常秀(岡山県)
並木 亮太(神奈川県)
樫田 睦一(東京都)
新野 恭平(大阪府)
かたおか きくよ(東京都)
野上 真理子(岡山県)
鴨志田 哲雄(茨城県)
半田 朋実(東京都)
桑原 結子(愛知県)
平野 元気(岩手県)
河野 千種(群馬県)
藤田 素子(長野県)
齊藤 直(大阪府)
古川 るり子(神奈川県)
三瓶 茜(富山県)
松浦 加奈子(愛知県)
嶋崎 圭子(広島県)
松村 潔(東京都)
清水 透(東京都)
南 みほ(東京都)
鈴木 規子(埼玉県)
本 夏(東京都)
高田 和幸(北海道)
森田 奈奈(東京都)
竹川 久仁子(滋賀県)
吉水 徳宏(長野県)
田村 悠(東京都)

【 イベント情報 】
バーナーワークのデモンストレーション 
11月2日(金) 12:30〜18:00
 【Part 1】 12:30〜14:00 清水透+宮本夏 「昆虫製作の技術の紹介」
 【Part 2】 14:30〜16:00 齊藤直+樫田睦 「スカルプチャーとストリンガーワークよるコラボ」
 【Part 3】 16:30〜18:00 新野恭平+寺島美弥
オープニング・パーティー 11月2日(金) 18:00〜19:30
 善光寺代本願雅楽会の演奏もあります。
【ガラス制作の主だった技法】
・酸素バーナーワーク
 主にパイレックスガラスを使用し、アクセサリーから器まで幅広い物が製作できる技法
・宙吹き
 窯の中で溶けたガラスを竿で巻き取り、吹いて形を作っていく技法で、ガラス工芸の中で中心的な方法
・キルンワーク
 電気炉の中にガラスを入れ、焼成する技法
・ステンドガラス
 色板ガラスを切って鉛線などで組み立てる技法
DM
DM
 
▲このページのトップへ

Copyright (C) Galleria Omotesando. All Rights Reserved.